本文の開始
葬儀・大阪・家族葬・シンプル葬
枚方市規格葬儀取扱指定店
内閣総理大臣認証第1767号
NPO法人全国葬送支援協議会認定店
規格葬儀から社葬儀まで
トータルにサポート


株式会社 吉 祥

〒573-0027
大阪府枚方市大垣内町1丁目1番8号
TEL072-804-0025(代表)
FAX072-804-0078
E-MAIL:kissyo@kissyo.net

お問い合せフォーム

葬儀のよくある質問集

このページはホームの中のQ&Aの中の葬儀の内容に関するご質問のページです。

 

 


Q1 喪主の挨拶について

 

 挨拶のポイントは3つあります。
1.ご会葬いただいた事へのお礼
2.生前中のお世話になった事への感謝の気持ち
3.これからの事のおねがいと決意

 

もっと簡潔に言えば、「現在・過去・未来」と覚えておきます。
  今日はありがとうございました。
  今までお世話になりました
  これからも頑張りますので今後ともよろしくお願いいたします。
  といった具合です。
  あまり、形式張った挨拶よりも自分の言葉で話した方が、伝わるものがありますから普段話している様なつもりでお話しされた方が良いと思いますね。

 

ただ、葬儀に際して挨拶することがあまり負担になるようなら、元も子もありません。他の親族や司会者に代弁してもらっても構いませんよ。

挨拶の場もお通夜、告別式、仕上げのお食事の際と合計3回あります。
以下にそれぞれの例をあげておきますので、参考になさってください。

お通夜

(例)
  本日は、お忙しい中、(母)の通夜に集まってくださって、本当にありがとうございました。皆様の暖かいお気持ちに故人もきっと喜んでいることと思います。

 お通夜に時間の区切りはありませんが、夜も更けてまいりました。
明日のお勤めにさわりましてもいけませんので、どうぞお気遣いなくお引き取り下さい。
  なお、告別式は明日○○時よりこちらで行います。お時間が許すようでしたら、ご会葬いただければ幸いです。


告別式

(例)
  本日は、お忙しい中、わざわざご会葬くださいまして、誠にありがとうございました。おかげさまで、無事、葬儀を終わらせていただくことができました。

 なお、生前中は、皆様には大変お世話になり、こうして最後のお見送りをいただいて、故人もさぞ喜んでいることと思います。
  また、逝去以来、たくさんの方からお悔やみのお言葉や励ましのお言葉をいただいて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 これからは、故人との思い出を大切にしながら、家族心を合わせて頑張ってまいりますので、どうぞ故人同様に温かいお力添えをいただけますようよろしくお願い致します。

本日は、長時間、最後までありがとうございました。

仕上げの食事の前に

(例)
昨夜、本日と亡き○○の葬儀に大変お世話になり有り難うございました。
皆様のお力添えにより、無事葬儀を終えることができました。
ささやかではございますが、精進落としの膳を用意いたしましたので、しばらくおくつろぎいただければと思います。
本日は有り難うございました。


Q2 生花を並べる順番は?

 

 元来、生花や樒(しきみ)は人柱からきているとか神社やお寺に献上される献灯の代わりだとか言われています。
たくさんの生花や樒がお供えされることで、たくさんの仏様に見守られて旅立たれるようにと願いが込められていたそうです
特に、式場入り口にあげられる樒は他のものより大きなものを備え、お寺の山門にある仁王さんを表したものだと言われていました。
この門を通る際は心を清らかにしてお通り下さいという意味っだったのでしょうか?
地域によっては外には樒ではなく花輪を供えるところもありますが関西では火に見立てた炎方の樒が用いられています。
邪気を払うとともに、遠くからあそこが式場であることがすぐに解るようにと先人の方々の知恵だと言えるでしょうか....

 さて本題ですが、本来ならば祭壇に近い部分から血族の近い順に並べるべきでしょうが、大阪では多くの場合、親族一同というものをまずお供えします。
この親族一同を供えることで親族全て含めているとして、その次に関連会社や業界関係を優先される事が多いようです。
特に表に飾る樒に関しては、会葬者の一番目につくところだからとして、親族以外からいただいた方々を優先されていることが多いようです。

 一概にこうでなくてはいけないなどといったことはありません。順位がつけがたい場合は順位不同などの表記をしておきます。


Q3 焼香順位は必ず必要ですか?

 

話はそれるかも知れませんが、大阪の方では焼香順位ともうしましても、親族の焼香順位と自治会をはじめ会社や団体などの代表焼香というものがあります。
  葬儀の規模や形式、また地域などによって焼香順位の作り方も様々なのですが、これがまたどちらのご遺族にとっても悩みの種でございましてできることなら適当に焼香してくれたらいいのにと思ってしまいます。
  昔は親族の焼香順位の作成にあたっては、相続とからみあってかなりもめたところもあるとか.....
しかし、最近では焼香順位のもつ意味も少しづつ変わってきているのではないでしょうか?
  一つは、決められた時間内に葬儀を執行し出棺時間を遅らせないようにするために
  そしてもう一つは、故人を偲びつつ親族や故人と関係のあった方々を整理するために
そのようにお考えいただければ、お焼香順位の作成も決して無駄なことではなく、必要なことだと言えるかもしれません。


Q4 葬儀の意義について

 

「葬」とは死体を草により上と下で覆うと書きます。
上の草は花と解釈してもいいかもしれません・・・
さて、死者を葬る一連の儀礼を葬送儀礼と言い、私達は「葬儀」と略して呼んでいます。
歴史的に見ると旧石器時代から、すでに遺体に対してなんらかの処置がなされていたようですが、古来より儀式として行われていたとおもわれます。

現在でも世界中で行われていることを考えれば、葬儀が、国や宗教、政治を超えて、社会的にとても重要な意味を持っているといえます。

葬儀の役割について、ある先生は

1) 社会的役割(社会的な処理)
  社会にその人の死を告知する、死亡届、戸籍、相続など

2) 物理的役割(遺体の処理)
土葬、火葬など

3)文化・宗教的役割(霊の処理)
死者の霊を慰め、「この世」から「あの世」へ送り出す、あの世での幸せを祈る

4)心理的役割(悲嘆の処理)
悲しみにある人々の心に寄り添い、慰める

5)社会心理的役割(さまざまな感情の処理)
崇り、死霊への恐怖感の緩和

6)教育的役割
いのちの大切さ、生あるものは必ず死ぬべき存在であることを知らしめる

-参考文献-「葬儀概論」 碑文谷 創 著(表現文化社)

と6つに分類して説明しています。

宗教的役割が薄れている様な気がしないでもないですが、悲しみや苦しみの状態にいる遺族にとって、信仰や宗教的儀式がひとつの解決を与えてくれているようにも思います。



Q5 無宗教で行いたい

 

無宗教だからといって宗教を持たない人の葬儀のことではありません。
従来は、社葬や団体葬といった規模の大きなご葬儀の際に、宗教色を出さない方が良いという考えの基に無宗教という形がとられることがありました。
現在では、個人葬においても本人や家族の希望で行われることも少なくありません。
一般的に従来の形にこだわらず、宗教者を招かずに葬儀をおこなう事を無宗教葬と呼んでいます。
形式に決まりがあるわけではないので、自由な発想の元に進めればよいのですが、それだけに、どのような形にするのか?よく話し合って決めていかなければなりません。
いくつかの注意点がありますのでご参考に

1.家族や親族の同意は取れているか?
  まだまだ、宗教者を呼ばない葬儀への理解は少ないように思います。
  生前から、家族で話し合ったり、親族の同意を求めておく事も大切だと思います。
エンディングノートなどを利用し、本人の希望を書き留めておくのも良いかもしれません。

2.遺骨をどうするのか?
  菩提寺にお墓があるばあいなど、そのお寺様の同意をえないと納骨できないことがあります。

3.あとあとの法要をどうするのか?
  法要に代わる記念日などをつくっても良いかもしれません。
家族でよく話し合っていただきたいと思います。

4.その他の注意点

無宗教でのご葬儀をご希望される場合、それぞれに事情とお考えががおありのようです
私どもも、まずお話を伺うことからはじめます。
それだけに打ち合わせに、時間を要する場合もあります。
ご希望やお考えをしっかりと担当者に伝えることが無宗教で行う上でとても大切だと思います。