本文の開始
葬儀・大阪・家族葬・シンプル葬
枚方市規格葬儀取扱指定店
内閣総理大臣認証第1767号
NPO法人全国葬送支援協議会認定店
規格葬儀から社葬儀まで
トータルにサポート


株式会社 吉 祥

〒573-0027
大阪府枚方市大垣内町1丁目1番8号
TEL072-804-0025(代表)
FAX072-804-0078
E-MAIL:kissyo@kissyo.net

お問い合せフォーム

葬儀のよくある質問集

このページはホームの中のQ&Aの中の葬儀の会葬に関するご質問のページです。

 

 


Q1 お香典はいつ出せば良いの?

 

死を知った直後の弔問では持参せず本来は葬儀の時に受け付けでお渡ししていました。
最近では通夜か葬儀告別式のどちらで持参しても良いと思います。
受付が用意されていれば、受付でお渡しします。
まだ、用意されていなければ祭壇にお供えするか、遺族に直接渡されても良いでしょう。

 

また、香典の額は、故人や遺族の社会的地位や関係、地域などによって異なりますが、一般的な目安は以下のようになります。
  できれば、同じ立場の方に相談して決められるのが良いかと思います。

 

勤務先の上司:5,000円
勤務先の同僚:5,000円
勤務先の部下:5,000~10,000円
勤務先社員の家族:5,000円
取引先関係:10,000円
祖父母:10,000円
両親:100,000円
兄弟姉妹:30,000~50,000円
おじ・おばその他の親戚:10,000円
友人・知人:5,000円
隣近所:3,000~5,000円
その他:5,000円



Q2 供花・弔電をお供えするときの注意

 

仏前(霊前)への供物、すぐに弔問できない時に送る弔電は、速やかに、失礼のないよう手配します。
弔電を打つ際は、名前によみがなも付けてもらうようにすれば、遺族はとても助かります。
お供え物にも、生花をはじめ樒や果物、それ以外にも様々なものがあります。よりご関係の深い方ほどより祭壇に近く、祭壇に近いほど金額も大きくなることが多いようです。
  故人、喪主や遺族とお供え物を出される方とのご関係によって予算や種類はまちまちですし、地域をはじめ式場の間取りや宗派によってもお供えの仕方も変わってきます。
  ただ、せっかくお供えをしても先方の意向と違ったり、式場の間取りや地域の規約でご迷惑になる場合も決してないわけではありません。
  できるだけ、葬儀を出される方のご意向に添えるようにまずは喪主又は遺族の方にご意向をおたずねしできれば、ご不幸の知らせがあったときに予算をはっきりと伝え「色々とバランスもあるだろうからそちらの意向にあったお供え物をしてあげて下さい」と伝えられるのが一番かと思います。


Q3 会葬する時のポイント

 

お悔やみの言葉は、取り込んでいる時なのでごく短い言葉ですませます。
月並でも「この度は御愁傷さまです」とか「心からお悔やみ申し上げます」でかまいません。
  ひと言添えたいなら、急死の場合は「突然なことでびっくりしました。まさかこんなことになるなんて思いませんでした」「この度は思いがけないことでさぞお力落としのことでございましょう」など。
長く患った場合は「お加減が悪いと聞いていましたが、さぞお力落としのことと存じます」「まだ頑張っていただきたかったのに」など。
長々と病気の話をしたり、亡くなったいきさつを話すのは遺族の悲しみを深めることになるので避けたいものです。
お通夜にしろ葬儀にしろたくさんの人が集まって来ます。
遺族の立場になれば、お相手するお客様は貴方だけではありません。
遺族から手伝いを頼まれたりしない限り、長居をするのは慎みたいものです。
長々と話し込んだり、友達同士で大声で話すなどは、褒められたものではありませんね。また、携帯電話の着信音にも気をつけたいものです。
特に読経中の着メロなどは、KY(空気読めよ)です。
式場に到着したら、必ずマナーモードか電源を切るなどの配慮が欲しいと思います。

また、自宅や集会所を式場にされている場合、車での会葬は、できるだけ控えたいものです。
やむを得ない場合はあらかじめ駐車場の有無を尋ねておくか、駅近くなどのパーキングを利用したいものです。


Q4 服装について

 

取り急ぎ駆けつける場合は,平服で良いと思います。
遺族はまだ喪服を着ていませんから、そんなところへ喪服でいっては、死を予測して喪服を準備していたように思われかねません。
地味な色の落ち着いた服であれば良いかと。
アクセサリーなどは外してから伺うようにした方が無難でしょう。

通夜に関しては職場などから取り急ぎ駆けつける場合を除いて、礼服を着ておられる方が多くなりました。
最近の葬儀のあり方が、通夜の弔問(会葬)だけですませる方も増えているせいかもしれません。
男性ならダークスーツあるいはダブルの略礼服に黒のネクタイ、黒の靴。ワイシャツは白無地を着用します。
ネクタイピンはつけないのが通例です。
女性の場合は黒または地味な色のスーツかワンピースと靴、ストッキングは黒か肌色のものを。
アクセサリーは光らないものをつけるのがマナーです。
但し、パールのアクセサリーはつけても構いません。
また、お化粧もひかえめにしましょう。
薄化粧にとどめて口紅は目立たない色にします。
髪型もふだんのままでなく、お悔やみに合ったスタイルにまとめます。


余談として・・・
ところで、私がこの葬儀の仕事にたずさわった頃、男性のスーツのポケットのふた(?)を葬儀の際は中に折り込むのが礼儀と言われていました。
今では、あまり見られなくなりましたけど。
私は今も先輩の教えを守っているのですが、時折、献茶さんから引っ張り出されます。
(かっこわるいらしい・・・)
また、葬儀の際の世話役も礼服を着てもいいのは長老などの偉い人だけで、その他の人は平服でした。
マナーって、多数決で決まるのかな?。
特に葬儀の際は、できるだけひかえめに?



Q5 お別れの作法

 

葬儀・告別式でのお別れは、宗派により焼香、献花、玉串奉奠などがあります。
最近では、無宗教葬などにおいて、ろうそくを灯していくなど新しい形でのお別れもみられるようになりました。


焼 香

    仏教の主たる宗派の焼香の仕方を以下まとめてみます。

    〔天台宗〕
    回数については特に定めがない。

    〔真言宗〕
    通常3回。仏・法・僧に供養すること、身・口・意の三密修行に精進する事、戒香、定香、解脱香と言 って、自らが戒律を保ち、心の瀞寂を求めることができる功徳がある、と説明される。

    〔浄土宗〕
    特に定めがない。「真心をこめて一心に」で1回、「身を静めて1回、心を清めるのに1回」で2回、「仏・法・僧への帰依」「過去・現存・未来の衆生に回向」で3回など。

    〔臨済宗〕
    特に回数にこだわらない

    〔曹洞宗〕
    2回。1回目は額に押し頂いて2回目はそのまま

    〔日蓮宗〕
    通常3回。仏・法・僧の三宝供養とも、「空・仮・中の三諦にならうとも言われる。

    〔浄土真宗〕
    あくまで自分の身心を清めるためとも説明され、香を戴くことはしない本願寺派(西)では1回、大谷派(東)では2回とされている。線香を用いる場合には本数を気にせず、立てないで横にする。


焼香の考え方

    焼香について、自分の宗派に合わせるか、お参り先の宗派に合わせるかは、どちらでも良いと思います。
    差し支えがなければ、お参り先のご宗派に合わせればよいでしょう。
    キリスト教のご信者がお焼香所でお祈りをする場面はよく見かけます。
    また、お焼香は譲り合うものでもありません。
    ただ、会葬の人数が多い場合など、できるだけ速やかに終えて次の方に勧めるのがよろしいかと。



献  花

    献花には特に決まった方式があるわけではありません。
    一般には、献花台の横に立った奉仕者から花を一輪受け取り、茎を先にして花が手前になるように献花台に置きます。



玉串奉奠(たまぐしほうてん)

    神葬祭では玉串奉奠(を行います。
    玉串奉奠は、神職から玉串を受け取ったら、
    玉串は胸の高さに、左手で葉を下から支え、右手碗根元を上から、やや左高に少し肘を張ってもちます。
    神前の玉串実の前に進み、深く頭を下げます。
    玉串の先を時計方向に90度回し、左手を下げて根元をもち、祈念をこめます。
    右手で玉串の中ほどを下から支え、玉串をさらに時計方向に回しながら、根元を神前に向け、左手を離して右手の下に添えます。
    やや前に進んでそのまま玉串案の上に奉奠します。
    拝礼は、二拝して、音をたてないように二拍手し、一拝します。
    通常、神社や神棚に参拝するときは拍手するときに音を立てますが、葬儀のときは両手を打つ寸前で手を止め、音をたてない拍手をします。
    これを「しのび手」と言います。

玉串奉奠