よりよい葬儀を営むためにお客様へのお願い



できるだけ事前の相談をおこないましょう


「良い葬儀を行う事」は「良い葬儀社を選ぶこと」と言っても過言ではありません。
安易に知名度や会社の大きさにとらわれることなく慎重に行っていただきたいと願ってやみません。
費用や内容にあわせて担当者の人柄や対応の仕方が見極めるためのとても重要なポイントです。
そのためにも、できるだけ事前から数社に問い合わせ、ご相談されることをお勧めいたします。
事前に相談を受けることで、 見積を比較できる。
いざという時に時間的、精神的な余裕がもてるなど多くのメリットがあります。


もしもの時の連絡先を決めておきましょう


万が一の時、誰に連絡するのか?また葬儀にあたってどこまで連絡するのか?
前もって名簿を作成しておきましょう。
葬儀の規模や予算をたてる上でもとても重要な要素となります。


遺影写真のための写真を準備しておきましょう


祭壇以上に遺影写真の善し悪しで葬儀の印象が変わります。
かしこまった写真よりもその方の普段の姿を写したものの方が良かったりします。
写真を選ぶ上でできるだけピントのしっかりしたもの(特に目にピントが合っていること)明るく自然の光の中で撮られたものの方が色合いが美しいようです。


家紋・宗派を決めておきましょう


宗教や宗派によって葬儀のやり方が変わってきます。
時として家族の中で信仰の違うケースもあります。
葬儀をどの宗派で行うのかあらかじめ確認しておきましょう。
家紋は必ず必要なわけではありませんが、わかる範囲で調べておかれることをお勧めします。



万が一の時の搬送先を決めておきましょう


最近では、病院でお亡くなりになるケースが大半です。
もしもの時にどこに搬送するのかをまずはじめに決めなければなりません。
病院でしばらくご安置していただける場合もありますが多くの場合はできるだけ速やかに移動しなければなりません。
人が通れてお布団を一枚ひけるのであればご自宅で十分です。




吉祥への葬儀/家族葬のご相談・事前相談のお問い合わせはこちら