本文の開始
葬儀・大阪・家族葬・シンプル葬
枚方市規格葬儀取扱指定店
内閣総理大臣認証第1767号
NPO法人全国葬送支援協議会認定店
規格葬儀から社葬儀まで
トータルにサポート


株式会社 吉 祥

〒573-0027
大阪府枚方市大垣内町1丁目1番8号
TEL072-804-0025(代表)
FAX072-804-0078
E-MAIL:kissyo@kissyo.net

お問い合せフォーム

葬儀の知識

このページはホームの中の葬儀の知識の中ののページです。葬儀の流れその1

葬儀の流れその1

 ■ 1 ご臨終
  悲しみの中でもお葬式の準備はしなければなりません。
故人の着替え(下着、浴衣など)を持参し、死後処置をしてもらいます。
病院への、支払いを済ませ、荷物の整理を行い医師から死亡診断書をいただきます。
 

1
 ■ 2 弊社へ連絡
吉祥への連絡  24時間年中無休で対応致します。その際、病院名・故人名・住所・電話番号をお伝えください。
ご連絡はフリーダイヤル
0120-450-087まで。
  寝台車 ■ 3 寝台車
  寝台車は病院でも手配してもらえますが、ほとんどが葬儀社です。まれに、トラブルを招くこともありますので、はっきりと寝台車はこちらで手配しますとことわり、弊社へご連絡下さい。
1
自宅 ■ 4 ご自宅
  ご自宅では、枕を北向きにしてご安置します。
お釈迦様が亡くなられた時、頭を北に顔は西の方角を向いていたそうです。北枕ができないときは西でもかまいません。
故人には、布団の上に守り刀を置きます。刀の代わりにカミソリでもかまいません。 神棚があれば、半紙を貼って封じますが、一般的にお仏壇は、開けておきます。
ただし、宗旨、宗派また同じ宗派でも地域やお寺様により異なることが多いので詳しくはお寺様にお尋ね下さい。



1
 ■ 5 枕飾り
 関西での一般的な枕飾りは、故人の枕元に白木や白い布をかけた台を用意し、香炉・ローソク・一本樒・一膳飯・お水・団子等をお供えし一膳飯にはお箸を立てます。お線香は1本だけ立てます。
浄土真宗では、お水は必要ありませんし、お箸も立ててはいけません。
※ 各地域、各宗派によって飾り方は異なります。
おつきあいのあるお寺様があれば、連絡し葬儀日取りのご都合を伺うとともに枕経をあげていただきます。
 
枕飾り
1
  ■ 6 打ち合わせ
 あわただしい中ですが、ご希望のご予算をはじめ形式や諸経費についての細かな打ち合わせを行います。弊社の担当者は実務経験を積んだベテランばかりです。ご遠慮なく何なりとお申し付け下さい。 お預かりするものとして、故人の遺影写真をお作りするためのお写真、死亡届代行のために死亡診断書とご印鑑をお預かりします。
  打ち合わせ